利用について
各種のサービスを利用するには、以下のような手続きが必要です。また、利用に際しては、注意事項等を必ず読み、利用してください。

以下のページは学内限定の情報となっています。

ホーム>利用について

大学で提供しているネットワークサービスを利用するためには、2つのアカウントが必要です。

 HUNETアカウント
情報処理センター実習室、メールの送受信、VPN接続などHUNETに関するサービスを利用する時のアカウント

 大学情報サービス
  システムアカウント

大学情報サービスシステム(教務、入試、進路支援、庶務、教員情報公開等の諸手続き)やe-learningシステムを利用するときに使用するアカウント。(以降サービスアカウントと定義します)

→ 利用に必要な手続き
 (学内限定)


利用方法のページは、使用するアカウント別にマーク・色わけをしています。

(青色)
HUNETアカウントを使用するサービス

(黄色)
サービスアカウントを使用するサービス



 学内システム

市大ポータルサイト(いちぽる)【学内限定】

学生用メールシステム(Office365)

教職員用Webメールシステム(Active Mail!)

なんでもhunet(共通認証基盤システム)【学内限定】


利用手続きについて
 アカウント発行等に関する必要な手続きについて
⇒ 教職員の手続きについて
⇒ 学生の手続きについて

⇒ パスワード変更方法(共通)
施設等の利用について
 学内(研究室等)でのネットワーク利用方法
 情報処理センター実習室4、5Fの利用について
 遠隔教室の利用について【講義棟402・404教室】

各種サービスの利用について
 個人で所有するパソコン利用に関するご案内NEW
個人で所有しているパソコン向けにもさまざまなサービスを提供していますので、ご活用ください。

 大学発行のメールアドレスの利用方法NEW
大学発行のメールアドレスの利用方法をまとめました。学生の皆さんは就職活動等でも信頼性の高いメールアドレスとして利用できますので、ぜひ活用しましょう。

学生向け メールの利用について
教職員向け メールの利用について

★ メールサービス関連一覧

 ウィルス対策ソフトの利用について
 大学全体でウィルス対策ソフトを導入しています。学内ネットワークに接続するパソコンにウィルス対策ソフトがインストールされていない場合は必ずインストールしてください。(個人所有の機器はパソコンとモバイル版を合わせて一人3台まで)
 2018年3月よりセキュリティソフトが変更になりました。NEW!

 マイクロソフト包括ライセンスの利用について
2010年10月より、マイクロソフトのOfficeやWindows OSのアップグレードが利用できるライセンスをマイクロソフト社と契約いたしました。これにより、本学の教職員および学生は、契約条件に基づいて対象製品を無償で利用することができるようになりました。

 おうちhunet(VPN接続)利用方法
 学外ネットワーク(商用プロバイダなど)に接続している自宅、出張先で利用しているマシンから、学内アカウントでのメールの送受信、または学内限定のホームページの閲覧等が可能となります。
 2018年10月よりクライアントソフトが変更になりました。NEW!

 どこでもhunet(学内無線LAN)の注意事項と利用方法について
 学生会館、中庭、図書館などでは、個人で所有しているノートパソコンなどを持ち込んで、ネットワークを利用することができます。利用する際には必ず注意事項をご確認いただき、利用規定に従ってください。
また、無線LAN提供エリアではeduroamが利用できます。本学で開催される研究会等の参加者がeduroamの利用IDをお持ちの場合、また本学構成員は他機関で提供されているeduroamを利用することができますので、ご活用ください。詳しい内容は次のページをご確認ください。
  eduroamの利用方法について

 情報処理センター仮想デスクトップ環境の利用について
 学内や自宅で情報処理センター実習室の環境を利用することが可能です。
授業で実習室が利用できない場合や閉館後の利用にご活用ください。(自宅で利用する場合は、おうちhunet(VPN接続サービス)も必要です。)
なお、学内で利用する場合は、情報処理センターと附属図書館で貸出パソコンを提供しています。詳細は次のページで確認していますので、ご活用ください。(貸出期間は当日のみです。各施設の開館時間内に返却をお願いします。)
  貸出パソコンの利用について

 Azure Dev Tools for Teaching(旧 Microsoft Imagine)の利用について
Azure Dev Tools for Teaching は、教育・研究を目的として、システム開発ツール(Visual Studio、Visio等)が利用できる年間制のメンバーシッププログラムです。本学はマイクロソフト包括ライセンスの特典として無償で利用することが可能ですので、ご活用ください。

 MATLABの利用についてNEW!
包括ライセンス契約により在籍期間中、本学教員は大学所有及び個人所有のパソコン、本学学生は個人所有のパソコンへ台数無制限でインストールして利用することが可能です。

 Adobe製品の購入について
アドビシステムズ社が教育機関向けにAdobe AcrobatやAdobe Photoshop Elements等のソフトウェア製品を割引価格で提供するライセンスメンバーシップ契約をしていますので、ぜひご活用ください。

 Apple製品の購入について(個人購入対象)
本学の学生・教職員がMac本体や周辺機器をAppleの割引価格より安価に購入することができる、アップル・オン・キャンパスに参加しています。個人で購入する場合はぜひご活用ください。(※研究費等の公費購入は対象となりません。)

 大学情報サービスシステム(いちぽる)について
 大学情報サービスシステムでは、履修登録や成績確認を行います。
 市大ポータルサイト(いちぽる)からログインしてご利用ください。
また、自習学習用(e-learning)システムも提供しており、授業によっては、このシステムを利用して授業資料の公開やレポート提出、テスト等が実施されます。


 ウェブサイトの開設について
 ウェブサイトを開設し、情報発信を行うことができます。

 その他の利用できる機能など

教職員向けのサービス
 教職員用サーバについて
教職員用サーバでは、教職員用ファイルサーバ・教職員用Webサーバ・ホスティングサービスの利用が可能です。

 大判プリンタの利用について
大判プリンタの利用サービスを行っています。ただし、全学行事以外での印刷にかかる費用については実費負担となりますので、ご了承ください。

 Adobe製品の購入について


 その他サービスについて

各種サービスを利用するにあたって
 各種サービスの利用については、利用方法をよく読み、申請が必要なものは申請書に必要事項を記入のうえ、情報処理センター6F事務室まで提出してください。
 また、利用にあたっは、以下の注意事項を必ず読んでください。


copyright(C) 2020 広島市立大学情報処理センター